睡眠障害には温かい飲み物が効果的

現在では大勢の方が睡眠に何らかの障害を抱えている方が多くなってきています。

マイスリーなどの睡眠導入剤に頼っている方もいるでしょうが、それでは根本的な改善には繋がりませんし、おもわぬ副作用により他人や自分を傷つけてしまうこともあります。

そんな睡眠障害でお悩みの方は、寝る30分から1時間前に温かい飲み物を飲むことがおすすめです。

眠気というものは、体温が上がりそれを体の機能で体温を下げようとする際に発生するので、温かい飲み物を利用して体の中から温めるといった方法が有効的です。

しかし、温かい飲み物なら何でもいいというわけではありません。
カフェインの入っているコーヒーや緑茶、栄養ドリンクなどは逆効果となってしまいます。

またアルコールも催眠作用がありますが、そういった習慣をつけてしまうとその事に体が慣れてしまい、飲酒の量を増さなければ眠れないといった症状が現れてきますので、睡眠前にはアルコールは控えるようにしましょう。

温かい飲み物でオススメのものは、ホットミルクやココア、ハーブティー、生姜湯や白湯です。

ホットミルクやココアに含まれているカルシウムは心を落ち着かせるリラックス効果があり、副交感神経に作用しリラックスできた時に心地よい睡眠ができます。

さらに、甘い匂いで気持ちが和らぐので、匂いを楽しみながらゆっくり飲むのがおすすめです。

また、ハーブティーには緊張緩和作用が有るため体の緊張をお茶を飲むことで緩和し、就寝前に心身ともにリラックスした状態にすることができます。

代表的なハーブティーは、ラベンダーやカモミールなどがあります。
自分好みのハーブティーを探してみるのも楽しいですね。

生姜湯や白湯は体の冷えを緩和してくれるので、深い眠りを妨げる冷えに効果があります。
冷え性の方は寝る前に生姜湯をコップ1杯飲むことをおすすめします。

生姜湯の作り方は、すった生姜を少しお湯に溶かすだけです。

毎回生姜をするのが面倒という方は、チューブの生姜でも効果は同じですので、チューブの生姜を使用しても構いません。

生姜の味や匂いが苦手という方は、少しはちみつをプラスすることで飲みやすくなりますので試してみてください。

また寝る前に水分を取ることで血液の水分量を上げ血液をサラサラにすることで快適に眠ることができます。

血液がドロドロのままだと体の内部の疲労回復の妨げとなりますので、水分を積極的に取り体内から不要なものが体外へ排出されるようにしましょう。

温かい飲み物を飲むだけで、リラックスしたり、睡眠に入りやすくなるのでぜひ取り入れてみてください。