マイスリーに頼るまえに入浴法を変えて生活習慣を整えましょう

睡眠障害で悩んでいる方の多くは、生活習慣が乱れてしまっていることがほとんどです。

睡眠不足や食生活の乱れなどを実感している方は、まずはそこから改善してみることをおすすめします。

生活習慣の乱れを改善できれば、マイスリーなどに頼らなくてもそれだけで睡眠障害の改善効果を期待できます。

また、ストレスを溜めないことも大切です。

ストレスは、精神的な不安などから引き起こされると思っている方が大半ですが、実は食生活の乱れや睡眠不足でもストレスが大きくなってしまいます。

そこで、ストレス発散法を知っておくと睡眠障害の改善に繋がるので試してみましょう。
ストレスを発散をするには、好きな趣味を楽しんだり適度な運動を行うなど様々な方法があります。

その他にも入浴法を見直すこともストレス発散に繋がるでしょう。

一人暮らしをしているという方の多くは、きちんと湯船に浸からずにシャワーだけで済ませてしまっているという方も多いかもしれません。

しかし、シャワーだけでは、体の疲れをきちんと取ることができないだけでなくストレス発散にも繋がらないのです。
そのため、睡眠障害の改善にも結びつきません。

そこで、実践していただきたいのが、正しい入浴法です。

まず、夜にぐっすり寝たいと思ったら、きちんと湯船に浸かることを心がけてみてください。

湯船の温度は40度がベストです。
40度の心地よい温度で湯船に浸かることで深部温度を上げることができます。

寝つきをよくするためには、お湯の温度が温かすぎてもぬるすぎても効果を実感することはできません。

また、入浴するタイミングも気をつける必要があります。

入浴は、寝る30分前までに済ませておきましょう。

また、忙しい方は、すぐに入浴を済ませてしまうという方も多いかも知れませんが、入浴時間は最低でも10分以上とることが大切です。

10分以上しっかりと入浴することで深部温度を上げる効果を期待できるだけでなく、リラックスしたり疲労回復することにも繋がるでしょう。

入浴は、ストレス改善にも効果を期待でき睡眠障害で悩んでいる方の強い味方になってくれるので一度見直してみることをおすすめします。