睡眠障害改善に向いている運動とは

夜にきちんと眠れて朝の目覚めがばっちり。
これは多くの方が望む理想の睡眠なのではないでしょうか。

しかし、残念なことに日本人の5人に1人が、何らかの睡眠障害の悩みを抱えてしまっているのです。
睡眠障害の原因は、人によって様々です。

服用している薬が原因になってしまっていたり、また生活習慣の乱れやストレスが原因になってしまっている方もいるでしょう。

また、不眠症対策のために服用しているマイスリーなどの睡眠剤による幻覚や幻聴、健忘症や夢遊病などの症状に悩まされていまう場合もあります。

様々な睡眠障害の原因の中でも多くの方が、運動不足などの生活リズムの乱れが原因で引き起こされてしまっています。

そのため、夜に気持ちよく眠るためには、適度な運動を行い規則正しい生活を送ることが欠かせません。

睡眠は、脳や体の1日の疲れを癒やす為にとる生理的な行動のひとつです。
体や脳が、しっかり疲れていれば自然と眠りにつくことができます。

しかし、あまり活動せずに体や脳が疲れていなければ、夜になっても中々寝つくことができなくなってしまうのです。
そこで、睡眠障害に悩んでいる方は、一度自分の日中の活動量が不足してしまっていないかを確認してみてください。

もし、他の方に比べて日中の活動量が少ないと感じていたり、運動不足だと自覚している方は適度な運動を行ってみるといいでしょう。

適度な運動を行うことで、睡眠障害の改善効果を期待できます。

心地よい疲労を得ることにも繋がると言われており、適度な運動を行うことで自然な眠気を誘うのです。

効率よく、質の良い眠りを手に入れたいのであれば、無酸素運動を行うことはおすすめできません。
無酸素運動は、筋肉トレーニングや短距離などのハードな運動ですが、肉体疲労が強くなってしまい体に疲れを与えてしまうこともあります。

そのため、体がストレスを感じてしまい夜中に何度も目が覚めてしまうことがあるので注意しましょう。

そこで、おすすめの適度な運動法が、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動です。

30分程度の有酸素運動を行うことで、適度に体を疲れさせることができ質の良い睡眠へと導いてくれることでしょう。